359143

湘南のKinの掲示板


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
こんばんわ 投稿者:「真面目」なおやじ 投稿日:2018/03/21(Wed) 20:05 No.1953

>大巧寺山門と花香る石畳”とでも言いましょうか
花香る石畳。。よぃ言葉ですね。
桜香る時期でもありますが、山間地帯では
雪が積もるって、どういうことかと戸惑います。
体がついて行きません。(ハッハッハ)
でも桜のつぼみは膨らんで来ていますね。
今週末が満開ですよ。浜松は。。

写真は仲良しシリーズの白クマさんです。

Re: こんばんわ - 田舎者   2018/03/23(Fri) 16:06 No.1956
可愛い白クマさんですね。楽しく遊び戯れておりますね。
湘南は木の時期に先日は雪が降りました。
高齢者にはついていくの大変です。
桜など自然は素直に春を感じ、喜びを表してますのに。

お礼 投稿者:たまからのママ 投稿日:2018/03/21(Wed) 20:17 No.1954

湘南のKinさん こんばんは。
又 冬の様な寒さに戻りましたね。
お風邪ひかないでね。

3月20日 たまからママのホームページは
15周年を迎える事が出来ました。
いつも大変お世話になっております。
これからも、よろしく、お願い致します。

Re: お礼 - 田舎者   2018/03/23(Fri) 15:59 No.1955
たまからのママのホームページ、開設15周年、おめでとうございます。
凄い努力ですね、湘南のKinなど91,087ですからね。

湘南はこの間雪が降りました。寒かったです。冷たかったです。
なのに今日などは厚着はダメ、一寸高齢者は対応が難しいです。

こんばんわ 投稿者:「真面目」なおやじ 投稿日:2018/03/19(Mon) 20:05 No.1952

>しかし、ドジのおじさん、そうはさせないぞって
機械に遊ばれまして・・・

私も含めて歳をとると機械が分からなく
なりますね。
パソコンも結局昔とは違いかなり違い
分からなくなっていますよ。
殆どがパーツの組み合わせで、低価格の
ために分からなく。。
カメラも小型、高性能になりましたが
難しくなりました。

写真は仲良し家族です。

元気をもらいに。。 投稿者:「真面目」なおやじ 投稿日:2018/03/14(Wed) 19:37 No.1950

>「藤源治橋」と言う橋名
中々面白いと思いますね。
ネットで検索すると鎌倉街道には
面白い橋がある様子ですね。
水堰橋などと書いてありましたが、知り得る
所ですか。
刀鍛冶藤源治。。。
我が家の祖先も奈良県で刀鍛冶だったと
聞きます。

今日は来期予算を計画していましたが、
不透明で難しいです。
世の中が急に変わるように思ったりして
怖いですね。
今期は前年比6%増でなんとかおさまり
そうです。

Re: 元気をもらいに。。 - 田舎者   2018/03/19(Mon) 17:32 No.1951
ヤギの親子でしょうか、可愛いですよね。お届け有難う御座います。
水堰橋、鎌倉の橋でしょうか、知りませんので調べてみます。湘南のKinは画像のしまい方でドジりましたがやっと正常に。
おちゃぶきさまの路が終わりましたので今度は琴弾小路にって・・・
しかし、ドジのおじさん、そうはさせないぞって機械に遊ばれまして・・・
今度は大巧寺⇒夷堂橋⇒妙本寺総門⇒琴弾橋⇒蛭子神社を回ろうと構えました。
しかし、何とかなりましたのでまた仲間に入れて下さい。
今日は大巧寺(おんめさま)の山門です。

こんばんわ 投稿者:「真面目」なおやじ 投稿日:2018/03/12(Mon) 20:06 No.1948

写真のお届けありがとう御座います。
>ゆったりたわむ小路の曲線が心地いいです。
この曲がり方が心地よいですよね。
人間の性格を知り得た作りだと思います。
昨日は3.11のイベントに参加し、写真を
撮ってきました。
いつも作る灯りは漢字の一文字を
書きますが、昨年は継、今年は知るという
文字でした。
災害の意識を続ける。災害の恐ろしさを再度知る
という事でした。
いづれにしても東北の災害はいつまでも
忘れることが出来ない事だと思います。

Re: こんばんわ - 田舎者   2018/03/13(Tue) 16:25 No.1949
>昨日は3.11のイベントに参加し、写真を撮ってきました。
それはご苦労様でした。確かもう7年が過ぎたんですよね。
あの時期も、神戸で高速道路が横倒しに、東北では家が、車が、・・・も、
流されて大変でしたよね。

田舎者はおちゃぶきさまの路をトコトコ歩いて来ましたが。
今日はおちゃぶき小路の先にお稲荷様が、「中山稲荷社」と言います。
室町時代、この付近に工房を持っていた刀鍛冶藤源治一族ゆかりの神社だそうです。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -